Goolge無料リスティングについて

コロナ禍で、ますますECサイトの集客力が重要性を増し、お客様との接点も本当に多様化してます。

 

  • Google
  • Instagram
  • facebook
  • Line
  • mailmagazine

すごい時代になりました。

 

そんな中、2020年10月にGoogleに大きな変化がございました。

 

Googleの検索窓には、ショッピングタブがある事をご存じかと思います。

従来は、Googleへ広告料を支払った企業が、このショッピングタブへ

自社の商品を掲載する事ができました。

 

これが、2020年10月から、無料でも掲載できるようになりました。

正確には、従来通り広告料を支払っている企業も表示されるのですが、無料のリスティング枠が設けられ、そこに条件に合致した商品が無料で掲載されるようになりました。

 

例えば、Googleで”バレンタインデー 贈り物“で検索をし、ショッピングタブを見てみますと、無料リスティングの部分、そして広告の商品が掲載されています。

Google無料リスティング

無料リスティングの部分

 

Google有料の部分

有料の部分

 

また、GoogleマイビジネスやWebサイト分析に使うSearch ConsoleやAnalyticsなどと同様に、掲載するためのGoogleのサービス(Google Merchant Center)も無料で利用できるわけです。

全てのプラットフォーマーはコンテンツを訴求する事で競争していますから、こういったサービスが無料で利用できるのは、本当にありがたい事です。

 

規模の小さい企業が、いかに生き残っていくかを考えた場合、自社の商品を無料でアピールできる場として、Googleの無料リスティングを利用しない理由は無いかなと思います。Googleの検索窓は最も多く利用されていますから。

 

ただ、利用するには、Google Merchant Centerへ登録し審査に通らなければなりません。

流れとしては、以下の様な流れになります。

 

①アカウントの開設

②サイトの認証

③商品データをGoogle仕様に合わせる

④商品のデータフィードの登録

⑤審査

⑥掲載(有効化)

 

この中で、特に商品データをGoogleの仕様に合わせるのが、一番大変かもしれません。

また、同様に検索語句に対する関連キーワードの含有率なども気にする必要があります。

その他、掲載となった後もメンテをしないとアカウントロックされる可能性がありますので、常に商品情報をマスタと合わせて更新しておく必要があります。

 

しかしながら、自社の商品を無料でアピールできる場として、Googleの無料リスティングを利用できるのは本当にありがたい事です。コロナ禍によって、ビジネススタイルが大きく変わり、ECサイトの重要性 が増す中、規模の小さな企業が生き残っていくためにはこうしたサービスに、いち早く対応していく事が必要な気がしています。