ブログBlog

BASEを独自ドメインで運営、www無しでもリダイレクトできる!

無料でECサイト(ネットショップ)を作成できるBASE(ベイス)は、様々な種類の有償/無償テーマ(テンプレート)を使う事で簡単にECサイトを構築する事ができ、一方で「HTML編集」機能を活用すればテーマを使わず、カスタマイズも可能な優れたECサイトプラットフォームです。

もちろん、一方でカテゴリ分けした際のURLが数字の羅列になったり、新しいページの追加ができない、お問い合わせフォームのカスタマイズができないといった欠点もありますが、それでもHTMLが使える事で、CSSやJavaScriptなども活用し、オリジナルデザインのECサイトを制作する事ができます。

参考)弊社で制作したBASEを使ったECサイト

https://njoy.jp

プラットフォームをBASE(ベイス)にし、ドメインを独自ドメインとする場合、BASEで説明している方法は、該当ドメインのDNSレコード設定にて、wwwのサブドメインに対し、CNAME設定をする事で、www付きの独自ドメインが使用できるという物です。

例)お名前.comで独自ドメインを取得し、DNSレコードにCNAME設定をする。

お名前.comのRSプランの場合のDNSレコード設定

お名前.comのRSプランの場合のDNSレコード設定

この方法ですと、wwwが付かないドメインは、BASE上の公開したECサイトにアクセスができません。www付きがアクセス条件となってしまいます。

例)

https://www.honyarahonyara.com → BASE上のECサイトにアクセスできる。

https://honyarahonyara.com → BASE上のECサイトにアクセスできない。

今回共有させて頂くのは、このwww無しのドメインでも、BASE上のECサイトにアクセスできるようにする方法について共有させて頂きます。

なお、設定は自己責任でお願いいたします。

1.前提条件

・サーバーが必要

独自ドメインのネームサーバーを設定し、お持ちのサーバーに向けさせた上で、このサーバーに設定を行います。

そのため、サーバーが必要となります。設定の内容は、「wwwが付かないドメイン」の場合に、「www付」でリダイレクトさせる設定をします。

・弊社で記載している内容は、お名前.comのRSプランのサーバー上で行っております。お使いのサーバーによっては動作しない場合がございますので、ご注意下さい。

 

2.作業のイメージ

イメージは以下のような作業イメージです。

本ブログでは、③の.htaccessの部分がサーバー設定の部分になりますので、この部分について詳しく記載しています。

①取得した独自ドメインに、お持ちのサーバーに接続されるようにネームサーバーを設定

②FTPで接続し、サーバー上のドメインフォルダのルートにある.htaccessを取得

→無い場合は、ローカルで新規作成すれば大丈夫です。

③.htaccessをエディタで編集し、www無しの時にはwww有りでリダイレクトするように設定を記載する。

④FTPで再度接続し、サーバー上のドメインフォルダのルートに編集した.htaccessをコピーを行う。

⑤動作を確認する。

 

3.編集する.htaccesの内容(例)honyarahonyara.com)

 

4.設定内容の説明

◆1行目:<IfModule mod_rewrite.c>

これはサーバーでmod_rewriteが使えるかどうかを確認しています。使えない場合にはスルーします。mod_rewriteが使えないサーバーでこのタグ内の関数を実行してしまうと、エラーが発生しますので、確認してから実行するようにしています。
mod_rewriteはApache(httpサーバー)で利用されているモジュールで、URLの書き換えやリダイレクトを行ってくれるものです。

◆2行目:RewriteEngine on

mod_rewriteの機能を有効化(on)している記述です。

◆3行目:RewriteBase /

rewrite処理後にベースとなるURLの指定をしており、どのディレクトリから設定した場合でも必ずドキュメントルートからのパスになるよう設定しています。

◆4行目:RewriteCond %{HTTP_HOST} ^ honyarahonyara \.com

◆5行目:RewriteCond %{SERVER_PORT} 80

RewriteCond (ディレクティブ)は、 RewriteRule( ディレクティブ)によって URL のリライトやリダイレクトが行われる際の条件を定義します
一つまたは複数の条件を定義し、条件が真となった場合にその直後に記述された RewriteRule(ディレクティブ)が評価されます。

4行目と5行目はAND条件となります。%{SERVER_PORT} 80は、httpを表しております。

つまりhttpでwwwなしのドメインが来た場合には、6行目が実行されます。

◆6行目:RewriteRule ^(.*)$ http://www. honyarahonyara.com/$1 [R=301,L]

RewriteRuleは、(書き換え元) (書き換え先)で記載され、ここでは、http://www. honyarahonyara.com/$1にリライトされます。301は、永久的な転送を表しています。
Lによってここで完了し、リライトされた内容(http://www. honyarahonyara.com/$1)で再度最初から.htaccessの内容が評価されます。

この再評価時、④と⑤のAND条件にはマッチしませんのでスルーすることになります。

◆7行目:RewriteCond %{SERVER_PORT} 80

httpアクセスかどうかを確認しています。この条件にマッチすると8行目が実行されます。

◆8行目:RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

httpで来ていたならば、httpsに書き換えてリダイレクトしています。
つまりここで、
http://www. honyarahonyara.com/$1

https://www. honyarahonyara.com/$1
になってアクセスされます。

 

本.htaccessを該当サーバーへ設置する事で、www無し/有り、両方でBASEのECサイトにアクセスできるようになります。

設定は自己責任でお願いいたしますm(__)m。

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU