ブログBlog

WordPress管理者メールアドレスをメール受信確認無しで変更する方法

めったに変更する事はありませんが、Wordpressの「管理者メールアドレス」を変更するには、「管理者メールアドレス」変更後、その変更したメールアドレス宛てに来るWordpressの「確認依頼メール」を受け取らなければなりません。

特に、自分のメールアドレスへ変更するような場合ならまだ良いのですが、お客様のメールアドレスを「管理者メールアドレス」に変更するような場合には、お客様のメール環境によっては、Wordpressから送信される「確認依頼メール」がブロックされている事もあります。

(実際に遭遇した事がありましたので、メモしております。)

このような場合には、「管理者メールアドレス」を変更したいだけなのにも関わらず、お客様のメール環境にまで作業の手を伸ばさなければならなくなり、作業工数が増えてしまいます。

そのため、今回ご紹介するのは、Wordpressの「管理者メールアドレス」の変更を、承認依頼メールを出さずに、変更できる方法について記載させて頂きます。

1.Wordpressの「管理者メールアドレス」

管理者メールアドレスは、Wordpressへログインし、管理画面から「設定」→「一般」を選ぶと、一般設定の中に、「管理者メールアドレス」という項目があります。

管理者メールアドレスの設定

管理者メールアドレスの設定

主に、Wordpress上で以下が実行された際に、この管理者メールアドレス宛に通知メールがきます。

  • WordPressのインストール時のインストール完了通知
  • WordPressが自動でバージョンアップされた際のバージョンアップ通知

など

今回は、この「管理者メールアドレス」について確認依頼メールを出さずに変更する方法について記載します。

 

2.function.phpへ追記するやり方

phpAdminからDBの該当箇所を直接変更する事もできますが、DBを直接触るのは、少しリスクが高いような気もするので、functions.phpに追記するやり方をご紹介させていただきます。

(しかしながら、DBを直接触った方が明らかに早いですね。詳しい方は、phpAdminでアクセス後、wp_XXXXoptionsテーブル(*1 XXXXは任意文字列)のadmin_emailフィールドを変更したいメールアドレスに変更すればOKです。)

 

Functions.phpに追記する内容

本処理を、functions.phpに追記すると、「確認依頼メール」出すことなく、管理者メールアドレスを変更できます。

WordPressの「管理者メールアドレス」の変更は、めったな事で変更する機会は訪れませんが、設定変更後は、functions.phpを元に戻しておくことをお薦めします。

 

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU