ブログBlog

カスタム投稿タイプの詳細ページを生成しない方法

埼玉県所沢市で、ホームページ制作や欧州輸入品販売などを行っているRishunTradingです。よく忘れてしまうので、備忘録も兼ねて記載いたします。

今回は、Wordpressのカスタム投稿タイプの「詳細ページを生成しない方法」について記載させて頂きます。

 

詳細ページが不要になるシーン

WordPressを使って「集客サイト」などを制作する場合、よくあるページ構成としては、「サービス内容」、「対応エリア」、「料金体系」、「実績」、「よくあるご質問」、「流れ」、「コラム&ブログ」、「お問い合わせフォーム」といったページを準備することが多々あります。

この時、納品後でも、お客様にて、簡単に追加編集ができるように「実績」や「よくあるご質問」などといったある程度決まったフォーマットのデータについては、「カスタム投稿タイプ」を用いてオリジナルの管理画面(設置画面)も含めて提供することがよくございます。

カスタム投稿タイプは、一覧画面(archive-XXXXX.php *1)、詳細画面(single-XXXXX.php *1)の形でページ遷移しますが、「よくあるご質問」のようにFAQの形ですと、一覧画面で全て表示し完結することができる場合があるため、詳細画面が不要になるケースがあります。

*1 archive-XXXXX.phpや、single-XXXXX.phpのXXXXXの部分は、カスタム投稿タイプ名になります。

ただし、何もしないと「詳細ページ」は自動で生成され、サイト内にリンク元の無い中途半端ページが生成されてしまい、SEO的にもあまりよくありません。

それを防ぐための「詳細ページを生成しない方法」について記載致します。

 

functions.phpに以下を追加する

 

例)カスタム投稿タイプ名が、”faq”の時。
functions.phpに以下を呼び出せば、リライトルールが更新され、詳細ページを生成しません。

 

“__return_empty_array”は、空っぽで返却する事を表しています。

以上、皆さまのお役に立てれば幸いです。

 

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU