ブログBlog

「届出作成プログラム」でエラー(SE99001)

所沢市でホームページ制作や欧州輸入品販売などを行っているRishunTradingです。
本日は、いつもと違って日本年金機構が提供している「届出作成プログラム」で発生した事象について記載させて頂こうと思います。

なお、本事象は、2022/2/25に確認した事象ですので、現在は改善されているかもしれません。

「届出作成プログラム」で発生した内容

届出作成プログラムのエラー(SE99001)

届出作成プログラムのエラー(SE99001)

「届出作成プログラム」で提出した過去の「算定基礎届」を確認しようとしたところ、エラー(SE99001)がでました。
日本年金機構のFAQで調べても見当たらなかったので、問い合わせ窓口へ電話したところ、すぐ繋がり、すぐ解決できました。
おそらく、同じような場面に出くわす方もいらっしゃるのではないかと思い、共有も含めて記載させて頂きます。

日本年金機構の問い合わせ窓口

届出作成プログラムとは。

「日本年金機構」が提供している電子申請を可能にするソフトウェアです。
資格取得届、資格喪失届、算定基礎届、月額変更届、賞与支払届、被扶養者(異動)届、国民年金第3号被保険者関係届が電子申請できます。日本年金機構のサイトから、無料でダウンロードできます。

詳しくはこちら

このSE99001エラーの意味

「届出作成プログラム」で提出した過去の「算定基礎届」のファイルが存在しないと、本エラー(SE99001)が出力されるとの事。
但し、もちろん過去の「算定基礎届」のファイルなど、私自身は削除などしていません。いったい誰が削除した?

エラーになった根本原因

根本原因は、「届出作成プログラム」自身が、以下の条件の際に該当ファイルを削除するためとの事でした。

・過去提出したものは、ローカル環境に保存されるが、保存期間は3ヵ月。
・3ヵ月経つと、届出作成プログラムは、このデータを自動削除

→ 但し、3ヵ月以内に何かを提出していれば、エラーにはならないとの事。

(そのため、過去のデータを照会しようとした際、該当ファイルが無いために、今回のエラーが発生。。。)

どうしたか

・「届書の作成」→「続きから」で、過去申請した際の拡張子jkkファイル(作成途中のファイル)が残っていたため、本内容で確認。
→ 最終的には、年金事務所から届いた「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書」で確認しました。

この辺りも日本年金機構の方からのアドバイスで対応できました。

ふと思った事。

・届出作成プログラムが、自分で削除しておいて、自分でエラーメッセージを出力。
・電話をかけたら、すぐ解決しましたが、エラー番号という不親切なエラーメッセージ。

自分がコーディングをする時には、気をつけようと思いました。。。
こういう事書くと、あまりよくないのかな。。

皆さまのお役に立てれば幸いです。

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU