ブログBlog

今回は、あるお客様のWebサイト環境の保守を引き継ぐ事になった際、そのお客様の環境を確認したところHTMLファイル内でPHPを動作させていました。

そのため、弊社ローカル環境にバックアップ環境を構築するためには、HTML内でPHPを動作させる必要があり、HTML内でPHPを動作させるようにしました。

今回は、この「HTML内で、PHPを動作させるための設定」について共有させて頂きます。

なお、弊社ローカル環境では、XAMPPを使っておりますので、XAMPP同梱のApatcheのconfig設定及び、.htaccessの設定について記載させて頂きます。
(サーバー環境によって異なってくる場合がございますので、ご注意ください。)
XAMPPについては、こちらをご参照ください。

 

 

1.HTMLでPHPを動かす方法について

HTML内でPHPを動かすには、以下の2つの方法があります。

①Apatchのconfigに設定を追加する方法

※エディターで編集するため、VisualStdioCodeを入れている方は、XAMPPの設定からあらかじめエディターとして登録しておくと便利です。

参考)Configから設定できます。

参考)Configから設定できます。

②該当ドメインの.htaccessに設定を追加する方法

(たくさんのドメイン環境をお持ちの方は、こちらがお薦めかと。)

それでは、設定方法について記載させて頂きます。

 

2.Apatchのconfigに設定を追加しHTML内でPHPを動作させる

(1)XAMPPのコントロールパネルより、configを押下し「Apache(httpd . conf)」(Apacheの設定ファイル)を選択します。

あらかじめバックアップを取っておきたい方は、XAMPPのインストールディレクトリ配下の以下のファイルをバックアップして下さい。

A:\xampp\apache\conf\httpd . conf

(A:\zampp:任意のインストールディレクトリ)

Apacheの設定ファイルの選択

Apacheの設定ファイルの選択

(2)httpd . confが開いたら、以下の位置を探します。

 

(3)この中に以下の設定を書き込んで保存し、Apatchを再起動すれば完了です。

※#の行はコメントです。

 

3..htaccess(サーバー設定)に設定を追加し、HTML内でPHPを動作させる

(1)ドメインのルートディレクトリ配下の.htaccessを開き以下の設定を追加します。

※#の行はコメントです。

 

(2)後は、.htaccessを保存すれば完了です。

 

4.各種レンタルサーバーについてはこちらを参照

各レンタルサーバーについては、こちらのサイトがわかりやすいので、ご紹介させて頂きます。

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU