ブログBlog

今回は、弊社で制作したWebサイトをお客様の環境へ反映する際に遭遇した「phpMyAdmin」のエクスポートエラーについて対応した内容となります。

恐らく同じような事象に遭遇する人もいるかと思いますので、メモも兼ねて記載します。

 

1.「phpMyAdmin」とは

「phpMyAdmin」とは、ブラウザ上でDBサーバー(MySQL)を管理する「フリーソフトウェア」です。ほとんどのレンタルサーバーでも普通に実装されています。

参考:MySQL(DBサーバー)

参考:MySQL(DBサーバー)

通常、DBの管理にはDBを操作するためのSQL文と言われるCUI(Character User Interface)ベースの言語を使って管理しますが、この「phpMyAdmin」を使うと、ブラウザ上からGUI(Graphical User Interface)ベースでMySQL(DBサーバー)の操作ができます。

フリーソフトウェアですので、設定ファイルの修正などは自己責任となりますので、ご注意下さい。

今回遭遇した事象の「phpMyAdmin」は、「v5.0.1」で確認した内容となります。なお、最終の安定バージョンは、v5.1.1のようです。

「XAMPP(ザンプ)」に同梱されています。「XAMPP」ついては、こちらでも記載しています。

 

2.エクスポートエラーの内容

制作したものを、ローカルの開発環境から、お客様の環境へインポートするため、ローカル環境のMySQL(DBサーバー)から、DBのデータを取り出す必要がありました。

そのため、「phpMyAdmin」を起動し、該当のDBのテーブルのエクスポート処理を実行したところ、エクスポートしたsqlファイルの中に以下のエラーが検出され、エクスポートに失敗しました。

 

エラーメッセージの内容から、該当のエラーは、Util.php 1620行目で、mb_detect_encodingの第一パラメータが原因でエラーが発生しているようです。

 

3.Util.php 1620行目の修正

実際の「C:\xampp\phpMyAdmin\libraries\classes\Util.php」の1620行目を確認しました。

 

1620行目の第一パラメータの$retが原因で発生しており、その上の1617行目の$retを確認すると、$dateが日本語の場合、文字化けが起因で$retにfalseを返却する可能性があり、根本原因はこの1617行目が原因で発生していました。(ネットに情報あり。)

そのため、1617行目を以下の形(1619行目)で修正する事で文字化けを防ぐ事で対応ができます。

この後、問題なく取得したいデータをエクスポートする事ができましたので、エクスポートしたSQL文の該当箇所を修正した上で、お客様の本番環境の「phpMyAdmin」を使ってインポートする事ができました。

めでたし。めでたし。。。

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU