ブログBlog

今回は、Web制作時に、またはまってしまった事例です。同じ人がいるやもしれないと思い、備忘録も兼ねて掲載致します。

どんな事象かと言いますと、ローカルの開発環境では問題なく動作しているJSファイルが、なぜか本番環境へ反映すると全く動かない(反映されていない)という事象です。

ブラウザやサーバー側のキャッシュ等、当初疑い、キャッシュのクリア等ひたすら行いましたが、改善されずはまりました。

ただ、切り分けしていくと、本番環境へコピーしたJSファイルが、反映されていない事がわかりました。

そこで、最終的に、辿り着いたのが、こちらで設定していたJSのバージョン設定でした。

詳細な理由は、未だにわかっておらず、これが本当の原因かどうか不明なところではあるのですが、対処療法として、このバージョンを変更したところ、本番環境へJSファイルの内容が反映され問題なく動作しました。(詳細は、継続調査中2020/06/11 原因判明:高速化のためのサーバーのキャッシュ設定が原因。同一ファイル名、同一Versionの場合、キャッシュクリアされない。基本中の基本の上に、前回はまった時と同じ原因とは。)

WordPressのテーマについて

一般的に、WordpressでWebサイトを制作する場合には、使うテーマの影響を防ぐため、子テーマを自分で作って使用します。使うテーマ(親テーマ)をそのまま利用すると、その使うテーマ(親テーマ)の脆弱性対応や不具合対応、新機能追加などでアップデートした際に、せっかくデザインした自分のサイトが上書きされ、壊れる可能性があるためです。

今回も、いつものように自分で編集するための、PHP(function.php)、スタイルシート(style.css)、そして、JavaScript(main.js)を用意して、子テーマを作り(子テーマフォルダ)、それをテーマとして使用していました。

Wordpressの子テーマのフォルダ構成

WordPressへ自分が制作したJSファイル等の読み込み

自分で制作する子テーマのスタイルシートやJavaScriptファイルは、そのままだと読み込まれません。

そのため、PHP(function.php)に以下の文言を追加し、加えて、Wordpressのインストールフォルダのテーマを管理しているフォルダへ、これらをフォルダ毎コピーする事で始めて利用できるようになります。(※コピーする位置やフォルダ構成等は他のネット情報を参照。)

(1)スタイルシートの読み込ませ

function.php

<?php

add_action( ‘wp_enqueue_scripts’,‘theme_enqueue_styles’);

function theme_enqueue_styles() {

wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );

wp_enqueue_style( ‘child-style’, get_stylesheet_directory_uri() . ‘/style.css’, array(‘parent-style’));

}

add_actionは、WordPressがデフォルトで行う処理を加える処理で、ここでは、wp_enqueue_scripts処理に、定義した関数theme_enqueue_stylesを登録しています。関数theme_enqueue_stylesの中で、wp_enqueue_styleは、スタイルシートを読み込む処理で、最初の行が、親のスタイルを読み込む処理、次の行が子のスタイルの読み込み処理で、親が読み込まれてから読み込むようにarray(‘parent-style’)で定義しています。

(2)JavaScriptの読み込ませ

function.php

function add_scripts() {

wp_enqueue_script( ‘mainscript’, get_stylesheet_directory_uri() . ‘/main.js’, array( ‘jquery’ ), ‘20200417’, true );

}

add_action(‘wp_print_scripts’, ‘add_scripts’);

wp_enqueue_scriptがスクリプトを読み込ませる処理です。以下が使い方です。

wp_enqueue_script( $handle, $src, $deps, $ver, $in_footer )

パラメータ 説明
$handle スクリプトを判別するための名称(ハンドル)
$src スクリプトの場所
$deps スクリプトの名称
$ver スクリプトのバージョン
$in_footer 読み込み位置。trueにすると<head>内ではなく</body>の前に読み込まれます。

この下線の引いてあるスクリプトのバージョンを更新せずに、ずっと使い続けていました。

今回読み込まれなかったfunction

今回うまく反映されなかった処理は、JQueryを使って、ある個所をクリックしたら、フェードインで現れたり、フェードアウトで消えたりする処理です。この処理だけが反映されませんでした。関連性は不明です。

ただ、前述したバージョンをアップデートして読み込ませた後、動作検証をしたところ正常に反映され動作しました。

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU