ブログBlog

開発環境と本番環境で実装が相違する場合の分岐方法

所沢市でホームページ制作や欧州輸入品を販売しているRishunTradingです。
先日、お客様の機能要件で、データのエクスポート処理とインポート処理を自作していた際に、開発環境と本番環境でどうしても処理が相違してしまうため、if文で分岐させるよう実装しました。

つまり、処理目的は一緒ですが、ローカルの開発環境と、サーバー上の本番環境とでは環境が異なる事から、どうしても実装が異なってしまうためです。

やり方は、いろいろあるかと思いますが、今回は、PHPで定義済みの定数で判断する形にしました。

PHPがビルドされたOSを取得できる”PHP_OS“です。
今回ローカル環境は、Windowsでしたので、以下のような形で処理を分岐させました。

 

以上、皆さまのお役に立てれば幸いです。

WEB DESIGN

RishunTradingでは、日本にはないコンセプトや高いデザイン性をもったヨーロッパ製品の輸入販売、及び、Webサイト制作事業などをおこなっております。

「全てお任せ!ホームページ制作」は、ドメイン取得からサーバー設定、レスポンシブルデザイン(スマホ、タブレット対応)、SEO対策がすべて含まれたお得なホームページを制作するサービス商品です。

運用開始後に「Webサイト運用管理サービス(保守)」と組み合わせて購入しますと、メンテナンス、更新も含めてすべて弊社で実施しますので、お客様は安心して本業に集中する事ができます。

しかもなんと、「全てお任せ!ホームページ制作」は、¥99,800!で提供しております。

本業が忙しい中小企業様に大変ご好評を頂いている商品です。

  • 独自ドメイン取得

    独自ドメイン取得

  • サーバー開設&設定

    サーバー開設&設定

  • レイアウト設計

    レイアウト設計

  • レスポンシブルデザイン

    レスポンシブルデザイン
    (*1)

  • 検索エンジン最適化(SEO対策)

    検索エンジン最適化
    (SEO対策)

  • 場所Maps

    場所Maps

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • SSL化

    SSL化

  • 各種SNS連携

    各種SNS連携

  • 運用マニュアル

    運用マニュアル

≫詳細はこちら

MENU